jcssは、計量法に基づいた計量法トレーサビリティ制度のことです。従来、計量標準供給制度と事業者登録制度を意味していました。しかし平成17年に制度が改訂され、現在、事業者登録制度の方は独立して別の制度として運営されています。この計量標準供給制度は経済産業省の管轄であり、産業活動において重要な役割を果たしています。例えば産業によってはナノレベルの測定を必要とし、正しい計測がなされなければ、適正価格での流通ができなくなります。そこで標準となる物質や器具を定め、微小な質量などを正確に測定しています。その際、使用される計測器具の精度は、標準器によって校正されなければなりません。この作業を行うことができるのは、認定センターより認められた事業者だけです。

トレーサブルな校正を行える登録事業者

経済産業省よりjcss登録事業者として認められると、標準器による計測器の公正を行うことが可能になります。この校正を、トレーサブルな校正と呼んでいます。微細な物質を測定する計測器の示す数値に、誤りがあってはならないため、トレーサブルな校正を行うことは重要です。審査に通り、校正を許可された登録事業者には、シンボルの入った校正証明書が発行されます。この校正証明書は、事業者の技術能力を証明するものです。尚、校正の登録区分は24区分あります。例えば、長さや質量、時間、温度などです。体積や密度、屈折率のような区分もあり、産業によっては、圧力や粘度、熱伝導率といった区分になる場合もあります。これらの区分は、トレーサビリティ体系図によってまとめられています。

登録事業者は国外でも認められる

jcss登録事業者によるトレーサビリティ校正は、国内の法規制で活用されています。その他、現在、アジア太平洋試験所認定協力機構にも承認され、国際試験所認定協力機構に対しては、参加署名を済ませています。これらに加盟したことで、国内産業だけでなく、世界中で受け入れられることが保証されました。そのため国内での認知度も高まり、登録を希望する事業者が年々増加する傾向にあります。登録を希望する事業者は、製品評価技術基盤機構の認定センターなどに問い合わせることができます。登録の申請を行うと、まず事業者の運営面が調査されます。主に、品質システムが適切に運営されているかどうかが問われます。さらに、トレーサビリティ校正を行うために適した設備であるかが審査されます。